分かち合う豊かな暮らし 

コミュニティーSangoの一員、ゆりです。自然と調和した暮らし、スピリット(魂)と繋がる生き方を実験・実践する私の日々の学びや気づき、喜びを表現しています。HSS&HSP、アスペルガー症候群、TG、スーパーエンパスなど、いろんな気質を持っていて生きづらかった私が、自分を知り、自分を変化・進化させられる日々を楽しんでいます。このブログを通して、繋がる皆さまと一緒に学び、安心と喜びがこの世界に広がり続けるよう、私を表現していきます。

生きていく“じんぶん”【生き方シリーズ】ことの葉

 

f:id:yaaninju-yui35:20200514071532j:image


人は孤独感が強いと、

 


知らぬ間に『怖い』気持ちや意識でいっぱいになっている。

 


そして、

『怖い』が先にたつので、無意識に『怖い』ことから自分を守ろうとする行動にうつっていく。

 


その守り方は、本当に守れる方法でないことがどうしても多くなる。

 


『怖い』から始まっているからだ。

 


そこには、信頼がなく、

怖さしかないので、

 


守れる方法は拒絶に近いことが多くなってしまうように思っている。

 

 

 

そういうときは、

 


味方をつくろうとする。

 


依存型になる。

 

 

 

守ってほしいから、守ってくれるだろうという思い込みを人に引っ張ってこようとする。

 

 

 

孤独と空っぽであるという寂しさでいっぱいなうちは、

 


自分を信じることもできず、

 


怖さばかりが自分を占めているので、

 


自分を自分で愛で包むことを諦めている。

 


自分を諦めているから。

 

 

 

とにかく怖いのだ。

 


ひとりぼっちになることが。

 


そう思い込んでいることが。

 

 

 

だから、目の前に自分の安心を揺るがす人が出てくると、

 


弾きたくなる。

 


邪魔になる。

 

 

 

それが子どもでも、

友人でも、

隣人でも、

新しく入ってくる文化も、人も、

怖さ故に無意識で邪魔になる。

 

 

 

人の心理だ。

 

 

 

良い悪いではない。

 

 

 

そういう心理が人にはある。

 

 

 

その弱さを理解していき続けることが、

私は私を穏やかにしていく。

 


理解は愛を育める。

 

 

 

ハートを包んで、言葉を贈る。

 

 

 

それが会話。

 

 

 

いろんな日々の学びの中で、

 


ことの葉、言葉を扱うことへの関心、興味、

 


が自然と育まれている。

 

 

 

一つ一つ、学び、

 


育み、奏でていこう。

 

 

 

怖さという意識へ、

 


愛を贈ろう。

 

f:id:yaaninju-yui35:20200514071502j:image