分かち合う豊かな暮らし 

コミュニティーSangoの一員、ゆりです。自然と調和した暮らし、スピリット(魂)と繋がる生き方を実験・実践する私の日々の学びや気づき、喜びを表現しています。HSS&HSP、アスペルガー症候群、TG、スーパーエンパスなど、いろんな気質を持っていて生きづらかった私が、自分を知り、自分を変化・進化させられる日々を楽しんでいます。このブログを通して、繋がる皆さまと一緒に学び、安心と喜びがこの世界に広がり続けるよう、私を表現していきます。

結婚してもしなくても…🌈


今日はこんなテーマの真面目な(いつだって真面目ですがw)お話📚

 


Family(や~にんじゅ) ゆいにSangoを通して、一歳のお子さん連れのご家族が北海道から遊びに来られました。

 


同世代(というかパートナーの紘彰さんと同い年だから5歳下)のご夫婦で、これまたたくさんの学びをいただけました☺️

 


本当にいつも感謝です☘

 

f:id:yaaninju-yui35:20190217120311j:image

 

 


まず、私たち、紘彰さんと私はあんまり一般的な道は歩んでいないように思います。

 

Sangoという共同生活、共同体の中の2人だったり、

同じ学びの中にいるということが大きいのではないかと思っています。

 


ブログ内では、読んでくださる方々にわかりやすいように『パートナー』として紹介させてもらっていますが、

 


最近、やはり、その【呼び名】に違和感を覚える私がいることに気がつきました。

 


村の中でも、出会う方々にも、伝える必要がある時がきますので、色んな聴き方もされますが、今のところ

 


『パートナーです』という答え方が1番多く、

村内では基本「夫婦みたいなものです☺️」と

 


答えさせていただいております。

 

 

 

その他の呼び方として、

 


相方

彼氏彼女(違和感ありすぎてほとんど言いませんね笑)

逑い

 


色々ありますよね。

 


でもこれって形なので、どこに所属することになるのか、よくわかりません。

 


私的にしっくりくるのはひたすら

 


大切な人です。とか

愛する人です。とか。

 


「自分がしていること」なら、わかります。

 


2人の関係性になるとどうもしっくりくる言葉がわかりません、未だに^_^

 


して、(沖縄ではこの言葉よく使います)

 


💍結婚💒

 


というもののお話へ。

 

 

 

意識はしてきましたよね。

一応、女の子だからね。(生物学的には)

 


何回か紘彰さんともちゃんと話し合ってきました。

 


紘彰さんは最初から変わってません。

 


結婚は(先のことはわからないけど)したいと思ってません。と。

 


2人でいる時間を大切に過ごしたいです。

そして、自分も大切にしていきたいです。と。

 


私はしたかったです。

 


憧れもありましたからね。

 


女の子ですから!(ん?(*⁰▿⁰*)笑)

 


今だからわかることは、私にとって「結婚」て保証でした。

 


一緒にいられるという確約をもらえるような。(*´꒳`*)

 


紘彰さんと一緒にいたいじゃなくて、

「結婚」がしたいみたいな自分もいました。

 


それゆえの、

 


「結婚」がしたかったようです。

 


そんな私、実は最近まで、(ちょっとずつかなり薄くなってきています)『また断られた私』に、はまっていたことに気がついたんですΣ੧(❛□❛✿)

 


以前の記事で書いた20歳代の頃の彼と紘彰さん、お2人に、結婚はしたくないと伝えられている私(๑˃̵ᴗ˂̵)

 


だから、わたしは結婚してもらえない女なんだ。みたいな(結構古い考えです、生まれは昭和ですからね…w)

 


「NO」と言われたことへのショックをひきづっていたなぁと思いました。

 

 

f:id:yaaninju-yui35:20190217120909j:image

今回遊びに来られたパパさんと子ども…

 

 

 

話は変わって別の気づきもありました。

 


それは子どもを持つことについて。

 


まぁ、35歳なので、(両親は心の中に留めてくれていますが)祖母に孫が見たいと言われたり、赤ちゃん産める年齢までってあとどれくらいなのかしら?と意識したりし始めた最近。

 


そんな気持ちもあった中で、今回のご家族の訪問で、家族というものの姿を見せてもらえ、共に過ごすという経験の中から、自分の気持ちをはっきり知ることができました。

 


子どもが苦手だった紘彰さんは、自分を手放すごとに受けられ始めていっていて、子どもたちに対しての喜びが伝わるようになってきてるなぁと思っていました。

そして、それを嬉しく見ていた私。

 

 

 

子どもを持つことについても、ちゃんと話し合ってきましたよ。

 


「子どももいらないよね、今、とにかくお互いの時間をもっと楽しみたいよね。」

 


と。

 


確認してきた中で、常に変化はあるのが人間ですので、変化のある紘彰さんの様子を感じ、

 


子ども欲しいって紘彰さんが思ったりするのかな?

 


と思ってみたりもしていました。

 


だから、

「もうすぐ(意識が変わったらできるのだろうけども)もし、赤ちゃん産めなくなっても大丈夫?」

って聞こうかなって思ったくらいでした。笑

 


でも、聞く前に、待てよ。

そういう自分はどうなんだ。

 


と実証してみることにしました。

 


やりたいことと

 


できること

 


は違うんです。

 


それを経験的に知っているので、私が子ども欲しいって思っているのは本当か?

 


どこからその気持ちがきてるんだ?

 


結婚みたいに違う理由じゃないのか?

 


そんな風に考えてみました。

 

 

 

 


答えはNOでした。

 


保育士もやったけど、今は欲しくないなって実感しました。

 


敏感すぎるが故に、

 


子どもたちのことがわかりすぎて、

 


背負いきれないと感じました。

 


まだまだ未熟なのです🌱

 


365日24時間✖️何十年…

 


お母さん、お父さんたちって本当にすごいです。

 


人生を賭けて、家族に自分を捧げる。

 


私はまだまだ自分で精一杯です。

 


自分を見つけてあげたいです。

 


日々の中ですぐ迷子になりますから…(๑˃̵ᴗ˂̵)

 


それがよくわかりました。

 

 

 

結婚のこと、子どもを持つこと、この二つはとても気に掛かっていたので、今回、たくさん整理させていただいて本当に有り難かったなぁと思いました。

 

 

 

私は、今、私自身を育てることが自分のしたいことです。

 


やっと始められたその今を大切にしたいと改めて思えました。

 


ずっと自分を見失ってきた今、たくさんたくさん理解してあげたいのです。

 


それでも一緒にいてくれる紘彰さんと

 


結婚

 


という形も

 


子どもを持つという

 


学びも

 


とらない私たちではありますが、

 


形のないものを2人で育んで、創っていけるのではないかという気持ちが湧き上がりしました✨

 


そんな2人がこの世に1組くらいいてもいいのではなかろうかと

 


やっと腑に落ち始めたような心持ちの今です🏡

 


先のことはわかりませんが、日々、実験。

 


何度も確認し合って、

 


変化もし、修正し、

 


お互いあっての2人という尊い関係を大切に育んでいきます。

 


アスペ故の答えかもしれません。笑

 


こう!と思ったらこう!なので、

 


結婚

 


お父さん

 


お母さん

 

 

 

などの、形や役割ではないところで自分たち育てを楽しんでみます🌈

 


まだまだ成長過程。

 


これから先の変化は自分にもわかりませんが、今を素直に生きることをやり続けていきます。

 


多くの学びをいただけた今日にまた、心から感謝を。

 


見守ってくださっている皆様、すべての繋がりに愛と感謝を🌈

ありがとうございます😊